塾講師のやりがい

子どもの成長を見届け、その中で喜びや悲しみを生徒、保護者と分かち合ったり、立派な人を育てて世に送り出すという社会貢献をしたりしたいという人には、学校教師や塾講師、家庭教師、通信教育スタッフなどといった教育関係の仕事に就くことをおすすめします。
それらの職業に就いて、やりがいを持って働くためには、それぞれの仕事内容を理解した上で、自分の特性に合ったものを選ぶことが大切です。

その中で、塾講師は屋外にある塾の教室で、主に中学や高校・大学を受験する生徒に対する学習指導をします。
また、受験の準備以外に、通い先の学校で行なわれる授業の予習・復習、中間・期末試験の対策として指導を行なう場合もあります。
家庭教師や通信教育スタッフとは異なり、塾講師の場合には、屋外に設置された特定の場所で、指導を行ないます。
そういった事情から、生徒がプライベートな生活と区切りをつけて、勉強に集中して取り組むことのできる環境が整っているという利点があります。
また、事務室がある塾では、デスクワークや田の講師との連携、生徒の質問・相談への対応などに、事務室を利用することができます。

そして、塾は、指導対象となる生徒の数により、個別指導塾と集団指導塾に分けられます。
それぞれの塾には一長一短があるので、それらを理解した上で、自分に合う方を選ぶことが大事になります。
当サイトでは、塾講師として、やりがいを持って働くための方法をご提案しましょう。



<Special Link>
教育関係の仕事をお探しの方には塾講師の募集サイトが参考になります … 塾講師 募集